補助金・助成金ナビ

高年齢再就職給付金

高年齢再就職給付金とは、失業給付基本手当を受給し、60歳以後に再就職した人を対象として、60歳時点の賃金に比べて75%未満に低下した場合等に支給される給付金です。

支給を受けるためには、失業給付金の支給残日数が100日以上残っている必要があります。

※60歳を過ぎても同じ会社で働き続ける人は
高年齢雇用継続基本給付金

▲ページTOP

対象者
60歳以上65歳未満の人で再就職をした一般被保険者(短時間労働被保険者を含む)

支給要件
@雇用保険の被保険者であった期間が通算して5年以上あること
A60歳以降の賃金が60歳時点に比べて75%未満であること
就職日の前日に失業給付の支給残日数が100日以上あること
B介護休業給付、育児休業給付の支給対象となっていないこと
C再就職手当を受けていないこと
※各月の賃金が359,899円を超える場合は支給されません(平成30年8月1日以降)
上記金額は毎年8月に変更されます

支給額
60歳以上65歳未満の各月の賃金が60歳時点の賃金の
@61%以下に低下した場合:各月の賃金の15%相当額
A61%超75%未満に低下した場合:その低下率に応じて各月の賃金の15%相当額未満の額

支給対象期間
失業給付金の支給残日数によって決まる
@残日数が100日以上200日未満:1年間
A残日数が200日以上:2年間
※65歳に達する月が限度

申請に必要なもの
@高年齢雇用継続給付支給申請書
A高年齢雇用継続給付受給資格確認票
B60歳到達時等賃金証明書
C支給申請書の記載内容を確認できる書類(賃金台帳、出勤簿等)
D年齢が確認できる書類(運転免許証、住民票の写し等)
など

申請方法
勤務先に必要書類を提出
事業主が事業所の所在地を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)に支給申請をする
※被保険者本人が直接申請することもできます

申請時期/期限
初回:再就職後、前記の条件に該当してから4ヶ月以内
2回目以降:管轄安定所長が指定する支給申請月の支給申請日
※原則として2ヶ月に1回支給申請
※申請期限を過ぎると支給が受けられなくなる場合もあります

お問い合せ/申請先
事業所の所在地を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)

▲ページTOP

高齢者の就職/再就職

仕事に関する手当/給付金

HOME 補助金・助成金ナビ

(C)2006-2018補助金・助成金ナビ