補助金・助成金ナビ

出産育児一時金
家族出産育児一時金
──────────
[受取代理制度]
平成23年4月1日〜

出産育児一時金受取代理制度とは、出産後に支給される出産育児一時金を加入医療保険者が直接医療機関等に支払ってくれる制度です。

同様の制度として出産育児一時金直接支払制度が実施されていますが、制度未対応の医療機関等もあるため、平成23年4月より、出産育児一時金受取代理が制度化されました。

直接支払制度、受取代理制度のいずれも、妊産婦などが医療機関等の窓口で、高額な出産費用を支払う経済的負担の軽減を図るための制度です。

受取代理制度を利用した場合、直接支払制度と同様、出産費用が出産育児一時金の支給額範囲内であった場合、退院時に出産費用を支払う必要はありません。
※ただし、出産費用が出産育児一時金支給額を超える場合は、その差額分は退院時に医療機関などに支払うことになります。

また、出産費用が出産育児一時金支給額未満で収まった場合、その差額分は後日、加入医療保険者に請求をすることで受け取ることができます。

受取代理制度と直接支払制度の異なる主な点は、申請手続き方法です。

直接支払制度は原則として、医療機関等のみで手続きが行えますが、受取代理制度は、医療機関等で申請書を入手し、自治体・勤務先健康保険に申請書を提出することになります。

なお、直接支払制度、受取代理制度のいずれも未対応の医療機関等、受取代理制度を実施していない自治体や保険機関もありますので、事前にご確認ください。

※受取代理制度を利用せず、出産費用を医療機関等に現金で支払った後に出産育児一時金等を受け取ることも可能です。

▲ページTOP

申請対象者
@出産育児一時金の支給を受ける見込みがあり出産予定日まで2ヶ月以内の人
A家族出産育児一時金の支給を受ける見込みがあり出産予定日まで2ヶ月以内の被扶養者を有する人

手続き方法
@出産をする予定の医療機関等で、受取代理申請書を入手して作成する
A@で作成した受取代理申請書を、加入健康保険機関に提出する

お問い合せ
国民健康保険加入者:市区町村の役所
勤務先健康保険加入者:健康保険組合
または出産する予定の医療機関

▲ページTOP

出産育児一時金制度

妊娠/出産の助成金

育児に関する補助金

子育てに関する手当/支援

ひとり親・母子家庭支援

HOME 補助金・助成金ナビ

(C)2006-2018補助金・助成金ナビ