補助金・助成金ナビ

出産手当金(健康保険加入者)

出産手当金とは、勤務先の健康保険加入者が出産のために会社を休み、その間に会社から給与が支払われない場合に支給される手当です。
※国民健康保険加入者は対象外

パートやアルバイトの人も支給要件に該当すれば請求することができます。

なお、会社から給与が支払われる場合でも、出産手当金よりも少ない場合はその差額分が支給されます。

▲ページTOP

対象者
出産した健康保険加入者
※被扶養者は対象外

支給要件
・妊娠4ヶ月(85日)以上の出産であること
※早産、死産(流産)、人工妊娠中絶も含まれます
・出産のため仕事を休み、給与(報酬)の支払いがない、または、その支払額が出産手当金より少ないこと
・健康保険に加入し、産休中も健康保険料を支払っていること
※上記要件に該当する場合は期間雇用者(派遣社員、アルバイト等)や短時間労働者(パート勤務等)も対象

支給額
◎支給開始日以前に12ヶ月の標準報酬月額がある場合
1日あたりの支給額=支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均した額÷30日×3分の2

◎支給開始日以前の期間が12ヶ月に満たない場合
@支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準月額の平均額
A当該年度の前年度9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額
1日あたりの支給額=上記@Aを比べて少ない方の額÷30日×3分の2

なお、産休中に事業主から給与が支払われる場合はその分が減額されます

支給対象期間
最大98日分(出産の日以前42日+出産の翌日以後56日)
※多胎妊娠の場合(出産の日以前98日+出産の翌日以後56日)
※出産日が予定より遅れた場合は実際に出産した日までの期間

申請に必要なもの
@健康保険出産手当金請求書
A不就労期間証明書
B医師の証明書
C印鑑
など

申請時期/期限
出産後2年以内
※2年経過後は1日過ぎるごとに支給される日数が毎日1日分ずつ減っていきます

お問い合せ/申請先
勤務先または年金事務所(旧社会保険事務所)、健康保険組合
※加入している健康保険によって異なる

▲ページTOP

妊娠/出産の助成金

育児に関する補助金

子育てに関する手当/支援

ひとり親・母子家庭支援

HOME 補助金・助成金ナビ

(C)2006-2018補助金・助成金ナビ