補助金・助成金ナビ

傷病手当金

傷病手当金とは、健康保険や共済組合に加入している人が業務外の病気やケガなどにより会社を休んだ場合、会社から給与の支払いがない、あるいは支払われる給与が傷病手当金より少ないときに支給される手当です。

傷病手当金を受けるためには、健康保険または共済組合に加入していることが条件となり、国民健康保険加入者は対象外となります。

▲ページTOP

対象者
健康保険または共済組合加入者

支給要件
下記、いずれにも該当する場合
@労務不能(病気やケガのために仕事ができない)の場合
A連続して3日間労務不能であること(待機期間)
B待機期間を過ぎた後、1日以上同一疾病により会社を休んだ場合
C会社から給与の支払いが無い場合(支払われた給与の額が傷病手当金より少ない場合を含む)

支給額
◎支給開始日以前に12ヶ月の標準報酬月額がある場合
1日あたりの支給額=支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均した額÷30日(※)×3分の2

◎支給開始日以前の期間が12ヶ月に満たない場合
@支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準月額の平均額
A当該年度の前年度9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額
1日あたりの支給額=上記@Aを比べて少ない方の額÷30日(※)×3分の2

共済組合に加入している人は、(※)の部分を「22日」で計算した額が、1日あたりの支給額となります。

なお、下記に該当する場合は支給額が調整されます
@会社より給与の支払いがある場合
A同一の傷病により障害厚生年金、障害基礎年金を受けている場合
B老齢厚生年金、老齢基礎年金、退職共済年金等を受けている場合
など

支給対象期間
待機期間(連続して休んだ3日間)を過ぎて4日目から最長1年6ヶ月
※1年6ヶ月は支給される日数ではなく支給対象となる期間
連続して休んだ場合は休日、祝日も含む
傷病が治癒して復帰した後、再発した場合は待機期間はなく1日目から支給される

申請に必要なもの
@傷病手当金請求書
A会社の証明書
B医師の証明書
C出勤簿
D賃金台帳
E印鑑
など

申請時期
随時

お問い合せ/申請先
年金事務所(旧社会保険事務所)、健康保険組合、共済組合

▲ページTOP

休業中の給付

仕事に関する手当/給付金

HOME 補助金・助成金ナビ

(C)2006-2018補助金・助成金ナビ