補助金・助成金ナビ

子育て世帯臨時特例給付金の支給
平成27年度

臨時特例的な給付措置として平成26年度より行われている、子育て世帯臨時特例給付金支給の平成27年度版です。

子育て世帯臨時特例給付金は、平成26年4月からの消費税率引き上げによる、子育て世帯への負担の影響を緩和する目的で、生活支援として支給される給付金です。

平成27年度においては基本的に、平成27年6月分の児童手当の受給者で、平成26年の所得が児童手当の所得制限限度額未満の人が支給対象者となっています。

ただし、特例給付を受給する人は対象となりません。
※特例給付とは、児童手当の所得制限限度額以上の人に、児童1人当たり月額5,000円が支給されるものです。
平成26年度においては特例給付受給者も支給対象となっていましたが、平成27年度においては対象外となっていますのでご注意ください。

支給額は対象児童1人当たり3,000円です。

子育て世帯臨時特例給付金の支給申請時期や支給時期は、各自治体によって異なります。

※平成27年度においては、子育て世帯臨時特例給付金と臨時福祉給付金、それぞれの支給要件を満たす人については両方の給付金を受給することができます。
その場合、2種類の給付金それぞれ申請が必要となります。

支給対象となるかどうかや申請方法や時期など、子育て世帯臨時特例給付金についてのご質問等は、お住まいの市区町村役所にお問い合せください。

▲ページTOP

基準日
平成27年5月31日

支給対象者
平成27年6月の児童手当の受給資格者で(特例給付は含まれない)、平成26年の所得が児童手当の所得制限限度額未満の人
※生活保護を受給をしている人、臨時福祉給付金の対象となる人も対象
※児童手当の認定請求を失念する(忘れていた)等して、平成27年6月分の児童手当が受給できない人についても支給対象となり得ますので、平成27年5月31日時点で住民票のある市区町村の窓口にご相談ください

対象児童
支給対象者の、平成27年6月分の児童手当の対象となる児童
※基準日(平成27年5月31日)に生まれた児童も対象
※基準日(平成27年5月31日)の翌日以降に生まれた児童や平成12年4月1日以前に生まれた児童は対象外

支給対象外
特例給付(児童を養育している人の所得が所得制限限度額以上の場合、児童1人当たり月額一律5,000円を支給するもの)を受給する人
など

支給額
対象児童1人につき3,000円

支給申請書の入手
平成27年6月分の児童手当を受給する市区町村
※公務員の人は平成27年6月分の児童手当を支給する所属先から配布されます。

支給申請手続
平成27年6月分の児童手当を受給する市区町村、公務員の人は平成27年5月31日時点で住民票がある市区町村に対して支給対象者が申請を行う
※DV被害(配偶者からの暴力)により児童を連れて避難している場合で、平成27年6月分の児童手当を受給していない人は、現在お住まいの市区町村にご相談ください。
一定の要件を満たしていれば、今実際にお住まいの市区町村で申請を行うことができる場合があります。

申請・支給時期
各自治体(各市区町村)により異なる

お問い合せ
申請先の市区町村の役所

▲ページTOP

生活費の手当/給付金

HOME 補助金・助成金ナビ

(C)2006-2018補助金・助成金ナビ