補助金・助成金ナビ

児童手当
──────────
支給申請および届出(随時)について

児童手当の支給を受けるためには申請(請求)が必要です。

■児童手当認定請求
第1子の出生や他の市区町村からの転入時など、新たに児童手当の受給資格が生じたとき

■児童手当額改定認定請求
既に児童手当を受給している人で、第2子以降の出生や離婚、再婚などにより手当を増額すべき事由が生じたとき

■現況届
認定を受けたあと、引き続き児童手当を受給するためには、毎年6月に現況届の提出が必要

また、届出の内容に変更があったときには状況に応じて随時、届出が必要となります。

■額改定届
既に児童手当を受給している人で死亡、離婚、施設入所などにより支給対象の児童が減り、手当を減額すべき事由が生じたとき

■受給事由消滅届
既に児童手当を受給している人で死亡、市区町村外への転出、離婚などにより受給資格がなくなったとき(手当の支給が終了するとき)

その他、手続きが必要なとき
・受給者が氏名または住所を変更したとき(単身赴任の場合も含む)
・養育する児童が氏名または住所を変更したとき
・受給者と養育している児童が別住所になったとき
・受給者と養育している児童が同居することになったとき
・受給者が公務員になったとき
・受給者が公務員でなくなったとき
・受給者名義の振込口座を変更するとき
・受給者が加入している年金の種別が変更になったとき
・国内で児童を養育している者として、海外に住んでいる父母から「父母指定者」の指定を受けるとき
・生計の中心者が変更になったとき(受給者より配偶者の所得が高くなった等)
など

手続きによって
@印鑑(スタンプ印不可)
A申請者(請求者)名義の金融機関の口座番号がわかるもの
B請求者本人の健康保険被保険者証または共済組合員証または年金加入証明書
C生計関係を証明する書類
などが必要となります。

児童手当(平成24年度以降)に戻る

▲ページTOP

児童手当制度

子育てに関する手当/支援

育児に関する補助金

妊娠/出産の助成金

ひとり親・母子家庭支援

HOME 補助金・助成金ナビ

(C)2006-2018補助金・助成金ナビ