補助金・助成金ナビ

産科医療補償制度
──────────
[補償対象基準等の変更]
平成27年1月1日

産科医療補償制度の一部が改正され、平成27年1月1日以降に生まれたお子さまから補償対象基準等が変更されました。

■改正内容

◎改正前(平成21年1月1日から平成26年12月31日までに生まれた場合)
・出生体重2,000g以上かつ在胎週数33週以上、または在胎週数28週以上で低酸素状況を示す所定の要件を満たして出生したこと

◎改正後(平成27年1月1日以降生まれた場合)
・出生体重1,400g以上かつ在胎週数32週以上、または在胎週数28週以上で低酸素状況を示す所定の要件を満たして出生したこと

※その他の補償対象基準については変更ありません。
・先天性や新生児期の要因によらない脳性まひであること
(生後6ヶ月未満で死亡した場合は補償対象外)
・身体障害者手帳1・2級相当の脳性まひであること

産科医療補償制度詳細

▲ページTOP

制度改正情報一覧 平成27年(2015年)

HOME 補助金・助成金ナビ

(C)2006-2018補助金・助成金ナビ