補助金・助成金ナビ

入院時食事療養費

入院期間中の食事費用は一部自己負担(標準負担額)、残りは加入健康保険から入院時食事療養費として支給されます。

入院時食事療養費は健康保険が直接医療機関に支払ってくれるので、自己負担分(標準負担額)だけを医療機関窓口で支払うことになります。

手続き等は必要ありません。

なお、低所得者世帯(市区町村民税非課税世帯)の人は、自己負担額(標準負担額)の軽減措置を受けることができます。

その場合はあらかじめ申請して交付された「減額認定証」を医療機関窓口へ提示する必要があります。
減額認定証申請(国保)
減額認定証申請(健保)

※平成28年4月1日から入院時の食事費用の負担額が変わりました。

■標準負担額(自己負担額)
市区町村民税課税世帯、または市区町村民税非課税世帯に属しているが減額認定を受けていない人
⇒1食・1病院あたり360円

市区町村民税非課税世帯に属していて減額認定を受けた人で
@減額認定を受けてから90日までの入院
⇒1食・1病院あたり210円
A減額認定を受けてから91日以上の入院があり、長期該当の認定を受けた人(70歳以上の場合は低所得U(※1)の人)
⇒1食・1病院あたり160円
B70歳以上の人で低所得T(※2)の人
⇒1食・1病院あたり100円

(※1)低所得U…世帯主及び国保被保険者が市民税非課税の世帯に属する高齢受給者証をお持ちの人
(※2)低所得T…(※1)の人で、世帯の各所得が必要経費・控除を差し引いたときに0円になる世帯に属する人

なお、入院時食事療養費の標準負担額は高額療養費の対象にはなりません。

▲ページTOP

療養給付/療養費の支給

医療に関する助成金

HOME 補助金・助成金ナビ

(C)2006-2018補助金・助成金ナビ