補助金・助成金ナビ

産科医療補償制度
──────────
妊産婦の方へ

お産をしたときになんらかの理由で赤ちゃんが重度の脳性まひを発症した場合、赤ちゃんとその家族の経済的負担が補償される制度を「産科医療補償制度」といいます。

平成21年1月1日から始まりました。

この制度は妊産婦の方が安心して産科医療を受けられるように、分娩を取り扱う病院や診療所、助産所等が加入する制度です。

「産科医療補償制度」に加入している分娩機関でお産をした場合、万が一のときに補償の対象となります。

加入していない分娩機関の場合は補償対象外となりますので、妊産婦の方はお産を予定している機関の制度加入・未加入を必ずご確認ください。

■分娩機関の制度加入・未加入の確認方法
@加入証で確認
制度に加入している分娩機関には、院内に産科医療補償制度加入証が掲示されています。
AHPで確認
産科医療機能評価機構HP(PC版)で全国の制度加入分娩機関を確認することができます。

妊娠5ヶ月頃までに、産科医療補償制度に加入している分娩機関から制度の対象となることを示す「登録証」が交付されます。

「登録証」は制度補償対象の認定審査に必要となりますので、出産後も大切に保管してください。

平成27年1月1日以降に生まれたお子さまから補償対象基準等が変更になりました。

▲ページTOP

制度対象者
平成21年1月1日以降、産科医療補償制度加入分娩機関で生まれた赤ちゃん
※分娩機関によっては補償開始の時期が異なることがあります

補償対象
下記の基準を満たす赤ちゃん
@出生体重1,400g以上かつ在胎週数32週以上、または在胎週数28週以上で低酸素状況を示す所定の要件を満たして出生したこと
※在胎週数の週数は、妊娠週数の週数と同じ
A先天性や新生児期の要因によらない脳性まひであること
※生後6ヶ月未満で死亡した場合は補償対象外
B身体障害者手帳1・2級相当の脳性まひであること

補償内容(補償金額)
総額3,000万円
・準備一時金(看護/介護のための資金)⇒600万円支給
・補償分割金(看護/介護費用)⇒2,400万円(毎年定期的に120万円ずつ20年間)支給

補償請求に必要なもの
@小児神経の専門医または肢体不自由(したいふじゆう)の認定に係る小児の診療等を専門とする医師の診断書
A補償認定依頼書
B登録証の写し
C母子健康手帳の写し

補償認定依頼
上記、必要書類を分娩機関に提出する

補償認定を依頼できる期間(申請期限)
満5歳の誕生日まで

お問い合わせ
産科医療補償制度専用コールセンター
電話:0120-330-637
受付時間:午前9時〜午後5時(土日祝除く)

▲ページTOP

子どもの医療費助成

医療に関する助成金

妊娠/出産の助成金

育児に関する補助金

子育てに関する手当/支援

HOME 補助金・助成金ナビ

(C)2006-2018補助金・助成金ナビ