補助金・助成金ナビ

老人保健制度

老人保健法の改正により、平成20年(2008年)4月から後期高齢者医療制度が開始されました。

老人保健制度の対象となっていた人は自動的に後期高齢者医療制度に加入することになります。

詳細は以下ページをご覧ください。
後期高齢者医療制度


※以下、平成19年度以前の情報です。

75歳以上(一定の障害がある場合は65歳以上)の人は老人保健制度の対象となり、自己負担額1割(一定以上所得者は2割)で医療を受けることができます。

外来(通院)、入院、訪問看護にかかった費用に適用されますが、入院中の食事代(入院時食事療養費)は一部負担となりますのでご注意ください。

外来(通院)、入院費用については上限額があり、1ヵ月に支払った医療費がその上限額を超えた場合は高額医療費として後日戻ってきます(申請が必要)。

※自治体によっては一定の要件に該当する65歳以上の人を対象にして、独自の老人医療費の助成を行っている場合もあります。
老人医療費助成制度

▲ページTOP

対象年齢
75歳以上(一定の障害がある場合は65歳以上)の人

医療費自己負担額
1割(一定以上所得者は2割)

自己負担上限額
[一般世帯]
@外来(通院)
12,000円
A入院(世帯単位)
24,600円
[住民税非課税世帯]
@外来(通院)
8,000円
A入院(世帯単位)
15,000円

開始月
75歳の誕生日の翌月から(1日生まれの人はその月から)

申請に必要なもの
@保険証
A老人医療受給者証
B印鑑
など

申請時期
対象の年齢時の誕生月

お問い合せ/申請先
市区町村の役所

▲ページTOP

高齢者の医療費助成

医療に関する助成金

HOME 補助金・助成金ナビ

(C)2006-2018補助金・助成金ナビ