補助金・助成金ナビ

未熟児医療費助成(養育医療)

身体の機能が未熟なまま出生した乳児に対して、医療費の自己負担分が助成される制度です。

ただし、所得に応じて一部自己負担が必要となる場合があります。

出生時の体重が2,000g以下で痙攣(けいれん)、嘔吐(おうと)、強い黄疸があるなど、入院して養育を受ける必要があると医師が認めた1歳未満の乳児が対象となります。

▲ページTOP

対象者
出生体重が2,000g以下(未熟児)で入院して養育を受ける必要があると医師が認めた乳児(0歳児)

支給要件
指定医療機関で治療を受ける場合(入院のみが対象)

助成内容
医療保険を使って治療した場合の自己負担分の全額または一部
※所得により異なる

申請に必要なもの
@養育医療給付申請書
A養育医療意見書
B世帯調書
C所得税額証明書
など

申請時期
随時
※手続きが遅れた場合は医療費の助成が受けられないことがあります。
早めに手続きを行いましょう。

お問い合せ/申請先
市区町村の役所

▲ページTOP

子どもの医療費助成

医療に関する助成金

妊娠/出産の助成金

育児に関する補助金

子育てに関する手当/支援

ひとり親・母子家庭支援

HOME 補助金・助成金ナビ

(C)2006-2018補助金・助成金ナビ